• HOME
  • お勧めの皮革特集



A




レザークラフト・ドット・ジェイピーオリジナルのサドルレザーです。
厚みはベンズ部位で4.0mm前後あるのでベルト、バッグから小物までオールマイティな革です。
タンニンなめしの革なので使っていくうちにアメ色に変わり、ツヤが出てきます。
吟面は素仕上げのヌメ革ですので、スタンピングやカービングも施すことができ、染色やお好みでモンタナピッチブレンドニートフットオイルなどを使ってオイルトリートもお楽しみいただけます。

この商品は1色ごとのサンプルまたはサンプル帳をご用意しております。

取り分もよく、レザークラフトを楽しむうえで広範囲にお使いいただける万能タイプの牛半裁革です。




スムースレザー

キメの細かいスムースレザーです。 素仕上げで、染色やオイルトリートもお楽しみいただけます。
革の上にモーガンコインコンチョ(直径38mm)をのせて撮影しました。

芯通し染め

有色の革は芯通し染めで繊維の内部まで染色されています。
タンニンなめしなので磨いて仕上げることが出来ます。

原厚・漉き加工

仕上げ剤を塗って磨いて仕上ることができます。
ブラック、ダークブラウンは繊維内部まで染色されています。
漉き加工をすると面がキレイに揃います。(画像右)

オイルトリート+紫外線

ナチュラルは使っていくうちにアメ色に変わっていきます。
画像右はニートフットオイルを塗り約5日間、日光浴させました。
色が濃くなりツヤが出始めます。

水のみで磨いた状態

コバ(革の断面)は磨いて仕上げることができます。
画像の革のコバは、水だけをふくませてスリッカーで磨いた状態です。
コバ繊維がしまり、キレイなツヤが得られます。
このままの状態で使っていくと毛羽がでてきたりしますので、仕上げにLCSPコートなどをお使いください。

ビルフォールドキット

サドルレザースタンダード・マットを使用しています。
モンタナピッチブレンドを使ってオイルトリートを施しています

製作に使用した商品

ビルフォールドキット<アウトサイドパース>
オールドニッケルコインコンチョ
サドルレザー・スタンダード・マット





繊維の大変つまった100%植物タンニンのピットなめしの高級ヌメ革。
ベルトやサドルバックから、財布などの小物までオールマイティ仕様のタフなサドルレザーです。
使い始めは艶なしの革で、使っていくうちに艶が出てきてアメ色にやけていきます。
吟面は素仕上げのヌメ革ですので、染色やお好みでモンタナピッチブレンドニートフットオイルなどを使ってオイルトリートもお楽しみいただけます。
スタンピングカービングも施すことが出来ます。

この商品は1色ごとのサンプルまたはサンプル帳をご用意しております。

繊維のつまったコシの強い味わいのある革です。
素仕上げなのでオイルトリートを施してオリジナルのエイジングを楽しんでみてはいかがでしょうか。




スムースレザー

キメの細かいスムースレザーです。 素仕上げで、染色やオイルトリートもお楽しみいただけます。
革の上にモーガンコインコンチョ(直径38mm)をのせて撮影しました。

無染色

繊維の内部までタンニンがしっかりと浸透しています。
タンニンなめしなので磨いて仕上ることが出来ます。

原厚・漉き加工

仕上げ剤を塗って磨いて仕上ることができます。
漉き加工をすると面がキレイに揃います。(画像右)

オイルトリート+紫外線

使っていくうちにアメ色に変わっていきます。
画像右はニートフットオイルを塗り約5日間、日光浴させました。
色が濃くなりツヤが出始めます。

水のみで磨いた状態

コバ(革の断面)は磨いて仕上げることができます。
画像の革のコバは、水だけをふくませてスリッカーで磨いた状態です。
繊維がギュッとしまり、美しいツヤが得られます。
このままの状態で使っていくと毛羽がでてきたりしますので、仕上げにLCSPコートなどをお使いください。

キーフォブキット・ラージ

本ヌメサドルレザーを使用しています。
ニートフットオイルを使ってオイルトリートを施し、コンチョレバースナップを使ってアレンジをしました。

製作に使用した商品

キーフォブキット・ラージ
21mmレバースナップ<ニッケル>
オールドモーガンコインコンチョ
本ヌメサドルレザー





レザークラフト・ドット・ジェイピーが用意した、100%植物タンニンのピットなめしの本ヌメ革です。
厚みが5mm~6mm前後ある厚手のダブルショルダーで、ショルダー特有の自然なシワやシボが味わい深く、表情豊かな革です。
無地は使っていくうちにアメ色に変化していきます。
素仕上げのヌメ革ですので、染色やお好みでモンタナピッチブレンドニートフットオイルなどを使ってオイルトリートもお楽しみいただけます。


ベルトなどを作ると完成時にも使い込んだアンティークレザーのような独自の風合いが楽しめます。
使い込んでいくうちに、ショルダー特有のヘタリ具合となってさらに味わいを深めていきます。
ヴィンテージ品のような味わい深い作品作りにもお勧めです。

ナチュラル


ブラック



ショルダーレザー

ショルダー特有の自然なシワやシボが味わい深く、表情豊かな革です。
革の上にモーガンコインコンチョ(直径38mm)をのせて撮影しました。

染色

ブラックは繊維内部まで染色されていません。
タンニンなめしなので磨いて仕上ることが出来ます。

原厚・漉き加工

仕上げ剤を塗って磨いて仕上ることができます。
ブラックは繊維内部まで染色されていません。
漉き加工をすると面がキレイに揃います。(画像右)

オイルトリート+紫外線

ナチュラルは使っていくうちにアメ色に変わっていきます。
画像右はニートフットオイルを塗り約5日間、日光浴させました。
色のトーンが濃くなりツヤが出始めます。

水のみで磨いた状態

コバ(革の断面)は磨いて仕上げることができます。
画像の革のコバは、水だけをふくませてスリッカーで磨いた状態です。
コバ繊維がしまり、キレイなツヤが得られます。
このままの状態で使っていくと毛羽がでてきたりします。
仕上げにはLCSPコートがお勧めです。ブラックにはLCSPコート黒をお使いください。

マルチプルベルト

ダブルショルダーのベルトにオールドモーガンコインコンチョを取り付けたコンチョベルト。
アンティークベルトのような味わい深い風合いに仕上がっています。

製作に使用した商品

マルチプルベルト
オールドモーガンコインコンチョ
LCダブルショルダー





ワイルドさとグレージングによる光沢の美しさをあわせ持つ栃木レザーの牛半裁革です。
ピットなめしの本ヌメ革で、厚み、コシもしっかりあり、バイカーズグッズや厚手のベルト、バッグの製作にも適した人気の革です。
使い始めから美しいツヤが楽しめ、使い込んでいくとにアメ色に変わりツヤがさらに深まります。

この商品は1色ごとのサンプルをご用意しております。

多くの方がイメージされるサドルレザーに一番近いのが、このようなツヤのあるタイプではないでしょうか。
バイカー系の作品作りもバッチリ決まります。

無地


ブラック



グレージング加工

グレージング加工による艶が美しいスムースレザーです。
革の上にモーガンコインコンチョ(直径38mm)をのせて撮影しました。

芯通し染め

ブラックは芯通し染めで繊維の内部まで染色されています。
タンニンなめしなので磨いて仕上ることが出来ます。

原厚・漉き加工

仕上げ剤を塗って磨いて仕上ることができます。
ブラックは繊維内部まで染色されています。
漉き加工をすると面がキレイに揃います。(画像右)

オイルトリート+紫外線

ナチュラルは使っていくうちにアメ色に変わっていきます。
画像右はニートフットオイルを塗り約5日間、日光浴させました。
色のトーンが濃くなりツヤ感が増します。

水のみで磨いた状態

コバ(革の断面)は磨いて仕上げることができます。
画像の革のコバは、水だけをふくませてスリッカーで磨いた状態です。
磨くだけでも美しいツヤが得られます。
このままの状態で使っていくと毛羽がでてきたりしますので、仕上げにLCSPコートなどをお使いください。

ボックスコインケースキット

グレージングによるツヤが美しいワイルドサドルレザーを使用。
ホックボタンをオールドケネディコインコンチョに交換しています。

製作に使用した商品

ボックスコインケースキット
オールドケネディコインコンチョ
栃木ワイルドサドルレザー





厚手のヌメ革を染料で芯通し染めにした牛半裁革です。
芯通し染めなので革の繊維の隅々まで染まっています。
発色のよいスムースレザーで、吟面には適度なツヤがあります。

この商品は1色ごとのサンプルをご用意しております。

多彩な色バリエーションが嬉しいですね。ポップなレザーアイテムから上品な作品作りまで幅広くお使いいただけます。




スムースレザー

発色のよいスムースレザーです。適度なツヤがあります。
革の上にモーガンコインコンチョ(直径38mm)をのせて撮影しました。

芯通し染め

芯通し染めで繊維の内部まで染色されています。
タンニンなめしなので磨いて仕上げることが出来ます。

原厚・漉き加工

仕上げ剤を塗って磨いて仕上げることができます。
繊維内部まで染色されています。
漉き加工をすると面がキレイに揃います。(画像右)

水のみで磨いた状態

コバ(革の断面)は磨いて仕上げることができます。
画像の革のコバは、水だけをふくませてスリッカーで磨いた状態です。
コバがしまり、ツヤが得られます。
このままの状態で使っていくと毛羽がでてきたりします。
仕上げに有色のLCSPコートで仕上げるとより美しいコバになります。

ペンポケットキット

色鮮やかなカラーヌメ革のチャームスワロフスキーを貼り付けてポップなアレンジに仕上ました。

製作に使用した商品

ペンポケットキット
レザーチャーム
スワロフスキー(クリスタル)
カラーヌメ革





米国ハーマンオーク社製、最高ランクAランクのハーネスレザーです。
獣脂が多量に含んだ固めの仕上がりの牛半裁革で、アメリカでは馬具(鞍)等の綱用製作に主に使用されます。
ナチュラルですが濃い茶色の独特の吟面で、味わいのある風合いとオイル感が特長的です。

この商品は1色ごとのサンプルまたはサンプル帳をご用意しております。

タフな革ですので、アウトドアで使用するレザーグッズにもお勧めです。
味わい深い革で、アンティークイメージの作品作りにも相性がバッチリです。




オイルレザー

獣脂が多量に含まれており、ナチュラルですが濃い茶色の独特の吟面となります。
味わいのある吟面とオイル感が特長的です。
革の上にモーガンコインコンチョ(直径38mm)をのせて撮影しました。

無染色

繊維の内部に獣脂が多量に含まれています。
タンニンなめしなので磨いて仕上げることが出来ます。

原厚・漉き加工

仕上げ剤を塗って磨いて仕上げることができます。
繊維の内部に獣脂が多量に含まれています。
漉き加工をすると面がキレイに揃います。(画像右)

オイルトリート+紫外線

使っていくうちに色に深みとツヤがでてきます。
画像右はニートフットオイルを塗り約5日間、日光浴させました。
色に深みがではじめます。

水のみで磨いた状態

コバ(革の断面)は磨いて仕上げることができます。
画像の革のコバは、水だけをふくませてスリッカーで磨いた状態です。
このままの状態で使っていくと毛羽がでてきたりします。
脂分が多いため、マットな仕上がりになります。
LCSPコートなどで仕上げると美しいツヤを得ることができます。

携帯ホルダーキット

味わい深いハーネスレザーを使用。
Lサイズのホルダーにオールドコインコンチョを取り付けて仕上げました。

製作に使用した商品

携帯ホルダーキット
オールドウォーキングリバティコインコンチョ
ハーマンオーク・ハーネスレザー





最高級ランクのUKブライドルです。
イギリスを発祥の地としアメリカのウエスタン文化に広がり、馬具などに使われてきた伝統ある丈夫な革で、繊維内部に獣脂やロウが含まれており、吟面には独特のツヤ感があり、使っていくうちに色とツヤが深まります。

この商品は1色ごとのサンプルまたはサンプル帳をご用意しております。

繊維内部にグリースが浸透しているので、アウトドアでの使用にも高い堅牢度を発揮します。
独特のツヤ感はスポッツとの相性もよく、スタッズベルトなどの製作にもお勧めです。




ブライドルレザー

繊維内部に獣脂やロウが含まれており、吟面にも独特のツヤ感があります。
革の上にモーガンコインコンチョ(直径38mm)をのせて撮影しました。

染色

繊維内部まで染色されていません。
繊維内部に獣脂やロウが含まれています。
タンニンなめしなので磨いて仕上ることが出来ます。

原厚・漉き加工

仕上げ剤を塗って磨いて仕上ることができます。
繊維内部まで染色されていません。
漉き加工をすると面がキレイに揃います。(画像右)

水のみで磨いた状態

コバ(革の断面)は磨いて仕上げることができます。
画像の革のコバは、水だけをふくませてスリッカーで磨いた状態です。
磨くことで適度なツヤが得られます。
このままの状態で使っていくと毛羽がでてきたりします。
仕上げにはLCSPコートがお勧めです。
繊維内部まで染色されていないので、有色のLCSPコートをお使いください。

リストバンドキット

スポッツを取り付けてワイルドな作品にアレンジしました。
UKブライドルレザーを使用し、重厚で高級感のある仕上がりに。

製作に使用した商品

リストバンドA1キット
リストバンドA2キット
スポッツ各種
インレイパーツ
30mm巾バックル
UKブライドルレザー