バネホックの 取り付け方

さて今回は、バネホックの取り付け方をご紹介します。
必要な金具と工具の準備ができたら早速取り付けてみましょう。今回はバネホック小の取り付けを例に取ってご説明いたします。
(小以外のサイズのバネホックを取り付ける場合は、取り付けたいバネホックに応じた打ち具、穴あけ工具をお使いください。)


作業に必要なもの



使用する打ち具と穴あけに使用するハトメ抜き



バネホック

画像左側:オスパーツ
画像右側:メスパーツ

バネホック

バネホック(小)・ホック打ち(小)・ハトメ抜き7号・15号
バネホック(中)・ホック打ち(小)・ハトメ抜き7号・15号
バネホック(大)・ホック打ち(大)・ハトメ抜き8号・18号


ホック打ち

画像左Ⅰ:オスパーツ
画像右Ⅱ:メスパーツ


作り方



1.革に穴をあける

1.革に穴をあける

まずはホックを取り付けるための穴を革にあけます。
AとBの金具を取り付けたいところに、ハトメ抜き7号で穴をあけてください。
この時、下にゴム板などを敷くと作業しやすいですよ。
(バネホック<大>にはハトメ抜き8号で穴をあけてください)
同じ要領でCとDを取り付けたいところにハトメ抜き15号で穴をあけてください。
(バネホック<大>には、ハトメ抜き18号を使ってください)


2.オスパーツの金具をセットする
2.オスパーツの金具をセットする

2.オスパーツの金具をセットする

それでは、オスパーツの金具の取り付けをしてみましょう。
まず、AとBの金具を革にセットします。取り付け方は、Bを革の下側から差仕込んで、Aを 革の穴からのぞいたBの先端にのせたら、ホック打ち(小)のⅠを使って 木槌などで打ちつけて固定してください。
この時、万能打ち台の穴のあいていない面を上向きにして、 下に敷いて作業してください。
(バネホック<大>には、ホック打ち大を使ってください)


3.金具を打ちつける

3.金具を打ちつける

キレイに取り付けるには、打ち棒が垂直になるように 気をつけながら、コンコンコンと少しずつ打ちつけてください。
一度に打ち付けてしまうのではなく、様子を見ながら少しずつ打っていって 金具がとまったらOKです。
もし、打ち込みが足りず金具が回転するようでしたら、もう少し打ち込んで金具をしっかりと固定してください。


4.メスパーツの金具をセットする
4.メスパーツの金具をセットする

4.メスパーツの金具をセットする

さぁ!今度はメスパーツの金具を取り付けてみましょう。
Dを革の下側から差仕込んで、CとDで革をはさんで Cを革の上からセットします。
この時、革にあけた穴はCの金具の足のサイズ(径)になっているので、Cをしっかり穴に差し込んでください。


5.金具を打ちつける

5.金具を打ちつける

金具がセットできたら、ホック打ち(小)のⅡを使って打ち付けます。
今度は、万能打ち台のくぼみのある面を上にして敷いて、Dを同じくらいのサイズのくぼみにいれて打ち付けてみてください。
打ち付け方は先程と同じ要領で少しずつコンコンと!!


6.取り付けの確認をする

6.取り付けの確認をする

実際にホックをつけたり外したりして、数回テストしてみてください。 どちらのパーツもしっかり取り付けられているのを確認したらOKです!! 床面(革の裏面)やコバ(革の断面)をトコノールなどで仕上げる場合は、 ホックを取り付ける前にやっておくと作業しやすいですよ。

今回の製作例では仕上げとして革にニートフットオイルを含ませてみました。
使い込んでいくうちにいいアジが出そうですね!!




スタッフからのコメント

今回のバネホックはうまく付けられましたか?
製品作りなどでホックをたくさん取り付けされる方には、ハンドプレス機と専用の各種コマも取り扱っていますので是非ご利用くださいませ。
ハンドプレス機を使うと取り付けが早いだけでなく、きれいにとめることが出来ますよ。
バネホックは、名刺入れやペンケース、コインケースなど小物作りで大活躍しますので、いろいろなアイディアをだして、オリジナルの作品を作ってみてください!!

レザークラフトスクール