ミステリーレザーブレーディング3 ストリングスの編み方

ここでは、ブレスレットやキーホルダー、ストラップなどの作品作りに大活躍のミステリーブレーディング(3本編み)の編み方をご紹介します。
作品のアクセントとしてアイディア次第で制作の幅がグッと広がりますよ!!
今回は、ミステリーブレーディング(3本編み)を使った レザーブレスの作り方を例に取って説明いたします。
それでは、下記のリストを参考にして、準備ができたら早速始めてみましょう。

それでは、下記を参考にしながら、準備ができたら早速始めてみましょう!!


作業に必要なもの


ミステリーブレーディング・レザーブレスレットキットLを使用しました。
革や金具はお好みのサイズ、色をお選び下さい。


制作のヒント


  • 使うレースの厚さや幅、全体の長さ、それと編み込みの回数にもよりますが、レザーブレスの場合、編みあがると約2cm前後短くなります。
  • 編みこむ前に革の床面やコバを仕上げておいて、編み込みが完了してから 最後にホックを取り付けると楽です。
  • ジャンパーホックの取り付け方と床面、コバの仕上げ方は、 レザークラフト教室を参考にしてください。
    【レザークラフト教室:ジャンパーホックの取り付け方】  【レザークラフト教室:コバ・床面の仕上げ方



作り方


1.革の準備



革の両端はつなげたまま3等分にカットして、金具を取り付けるための穴を、ハトメ抜きなどで開けましょう。
(今回はミステリーブレーディング・レザーブレスレットキットLサイズを使用しました)
編みこむ前に革の床面やコバ面を仕上ておきましょう。

コバの仕上げ方は、レザークラフト教室コバ・床面の仕上げ方を参考にしてください。
スタンピングやカシメなどで革をデコレーションする場合は、デザインにもよりますが、できるだけ編み込む前に仕上げたほうが楽ですよ♪


2.革を編む

(制作例では分かりやすくするために革のレース部分の色をそれぞれ変えています。)
※画像内のオレンジの矢印にそってレースを動かすと次の画像のような配置になります。


その1

革の吟面が見えるように革を縦に持ちます。
レースC白をレースA赤の下に入れて交差させ、レースB青が一番右端になるようにしましょう。


その2

レースB青との間にできたすき間に、革の下端を表裏がひっくり返るようにくぐらせましょう。
くぐらせ終わったら、右画像のように革の下端は裏面が見えるようにします。



その3

今度は、今一番左端になっているレースC白を右端のレースA赤の下に入れて交差させ、
レースB青が一番左端になるようにしましょう。


その4

レースB青との間にできたすき間に、革の下端を裏表がひっくり返るようにくぐらせます。
くぐらせ終わったら、今度は右画像のように革の下端の表面が見えるようにします。



その5

ここで一度編み目を整えながら上方向に編み込みを寄せておきましょう。 ここまでが1サイクルとなりますので、あとは好みの編み目が仕上がるまで手順その1~手順その5を繰り返しましょう。


完成

革の表裏のねじれがないか確認をして、編み込みを整えましょう。

最後にジャンパーホックを取り付けたら完成です!!
ジャンパーホックの取り付け方は、レザークラフト教室ジャンパーホックの取り付け方を参考にしてください。




スタッフからのコメント

いかがでしょうか。上手く編めましたか?
編み込みの回数は、きつくたくさん編んでもいいですし、 編み込み回数を少なくするのもありですよね!!
便利なミステリーブレーディング・レザーブレスレットキットもご用意していますので、是非ご利用ください。
編み込みの上級者を目指すなら、様々な編み込み方を紹介している「Tレザーブレーディング(洋書・英字)」に、 本数を増やしたミステリーブレーディングの5本編みが紹介されています。
ここで3本編みをマスターしたら、是非挑戦してみてください!!
ミステリーブレーディングを使った、すばらしい作品をたくさん作ってください♪

レザークラフトスクール