アメリカンセグマスナップの取り付け方

ここではアメリカンセグマスナップの取り付け方と、簡単なベルトの作り方のご紹介をします。
金具を取り付ける際は、どっしりと安定した机を使用するか、金床を使用すると綺麗に取り付けれます。
それでは、材料が揃ったら換気など気を付けて、楽しく始めましょう♪


作り方



作り方-1

1.

セグマスナップセッターを準備します。
※セグマスナップの取付では、1(上)の写真の一番右の打ち棒は使用しません。


作り方-2

2.

コバ処理が完了したベルトにハトメ抜きで穴を開けます。ハトメ抜きは12号と15号をご使用ください。


作り方-3

3.

セグマスナップセッターに属の打ち台や万能打ち台にセグマスナップをセットし、革に凹側の金具をさし込みます。


作り方-4

4.

セグマスナップセッターの1(上)の写真一番左を使用し、木槌などを使ってカシメます。垂直に打ち込むのがコツです。


作り方-5

5.

金具の取り付けができました。打ち台は、万能打ち台を使うとよりキレイに留められます。


作り方-6

6.

万能打ち台にスナップの凸をはめ込んで、セグマスナップセッター1(上)の写真真ん中を使用し、木槌などを使ってカシメます。ここでも丁寧に垂直に打ち込みましょう。


作り方-7

7.

これでセグマスナプの取り付けは完成です。


作り方-8

8.

ベルトのサイズが決定したら剣先をストラップエンドパンチV型を使用してカットします。ここでもしっかりと固定してずれないように叩いてください。


作り方-9

9.

ベルトのサイズ調節の穴を楕円抜きを使用して開けます。
ここでは一番合うサイズが真ん中に来るように、合計5つの穴を開けました。基本の穴と穴との間隔は2.5cmです。





スタッフからのコメント

どうでしたか?綺麗に取り付けれましたか?
セグマスナップは綺麗に取り付けるコツを掴むまで練習が必要な方もいらっしゃると思いますが、頑張ってください。
量産される方はセグマスナップを取り付けるハンドプレス機とコマもございますので参考にしてください。
また、タンディ社の輸入ホック類の取り付けできる デラックス スナップ オール&リベット セッター の
お取り扱いもしておりますので、興味のある方はご相談ください。

レザークラフトスクール